スピリチャルカウンセラー ホワイトクロウのワンネス日記 ☆チーフ・シアトルの言葉♪☆

☆愛するライトワーカーのみなさまがたへ♪☆

おはようございます♪ 今日はまた、昨日よりも−10度ですね〜♪ (><) 暖かにして体調をくずされませんように♪ (^^)v

ニューヨークのアースデイは4月22日なのだそうです。今週は、さまざまなイベントが開催されたり、エンパイアステートビルは緑一色でライトアップされたりするそうです。

地球をありがたく感じる時にいつも思いだされるのが、チーフ・シアトルの言葉です。チーフ・シアトルは、現在ワシントン州として知られる土地に居住した、スクワミッシュ部族の酋長。
1854年、ゴールドラッシュおよび連邦政府の白人の圧力に伏し、自ら部族の自由人と
しての終焉と先祖伝来の土地からの退去の始まりを伝える演説を行いました。

チーフ・シアトルの言葉をシェアさせてくださいませ♪

“あなた方はどうして空や大地の温もりを売り買いできるのだろうか。
私たちにとってその考え方は、奇妙でさえある。
私たちの部族にとって、大地のすべては神聖なものだ。
白人には理解されないかもしれないが、大地は隣人にも同じである。たとえそれが、今夜訪れたばかりの見知らぬ者であったとしても、その者は必要とするすべての物を大地から受け取れるのだ。

白人にとって、大地は親しきものではなく、敵である。
征服することで前進を続け、自らの祖先の墓さえも置き去りにし、省みることさえしない。
母なる大地や兄弟なる空を物のように買い、羊や輝くビーズのように奪い、売ったりする。
彼等の欲は大地を貪り尽くし、彼等が去った後には砂漠しか残らない。

私たちがひとつ判っていることは、おそらく白人もいつか気付く時が来るかもしれないが、私たちの信じる神も彼等が信じる神も同じだという事だ。

あなた方は私たちの土地を所有したがり、神さえも所有していると今は思っているかもしれないが、偉大なる聖霊はすべての神なのだ。
偉大なる精霊の憐れみは、赤い人(先住民族)にも白い人にも、同様に注がれる。
大地は神の大切なものである。
その大地を傷つけることは、創造主を冒涜することなのだ。

白人もいずれは滅びる。おそらくは他の部族より先に。

私たちが土地を売ったらその土地を、私たちが愛してきたように愛して欲しい。
土地を自分たちのものにするとき、その土地の歴史を、心に刻んで欲しい。
あなた方の強さ、意志、心…すべてをもって大地をあなた方の子孫に残し、神が私たちすべてを愛するように大地を愛して欲しい。白人も共通の運命からは逃れられないのだ。

すべてが終わった後、私たちは兄弟であり姉妹であるかもしれない。
私は、それを見届けることにしよう。“

迫害の最中にあって、将来を見据え、”すべてが終わった後、私たちは兄弟であり姉妹であるかもしれない”というメッセージを伝えてくれたチーフ・シアトルの叡智に感謝☆

今日は、地球とたくさん繋がってみようと思います♪ (^^)v

ハートもボディもスピリットもあったか♪にして素敵な体験をされてくださいませ♪

愛していますーーーーーーーーーー!

一つでも多くの笑顔が増えますように☆
一つでも多くの魂がシアワセになる決心!をされますように☆
地上の天国が広がって行きますように☆

☆愛と感謝と祈りをこめて☆

With lots of loving lights and laughter,

White Crow
*Original Purity*

追伸)チーフ・シアトルの名言 ”大地は人間が所有するものではない。人間は大地の一部である。The earth does not belong to man; man belongs to the earth.”

追伸2)合衆国政府に土地を譲った酋長の名前が記念として、現在のシアトル市と命名されたようです☆ リコネクティブ・ヒーリングのワークショップでシアトルに行った際、チーフ・シアトルの銅像にご挨拶して参りました♪(^^)v

 
a0110270_20561610.jpg

by whitecrowY | 2010-04-22 10:11  

<< スピリチャルカウンセラー ホワ... スピリチュアルカウンセラー ホ... >>