スピリチャルカウンセリング ☆リアリティ(現実感)について☆

リアリティ、現実感というのは人それぞれちょっと違うかもしれません、というお話です。

今までビジネスの世界で長年過ごしながらも、スピリチャルな世界で本来の自分らしさを見出し、いきいきと過ごしている友人達の間でも、スピリチャルな話をするときに、「アヤシイ話なんだけど。。。」と前置きをすることがよくあります。

3次元の物質世界に身を置く人間としての自分たちにとって、他次元の話や目に見えないこと、現在の科学で証明できていないことの話をするときには、それが、個人的な体験であればあるほど、他の方には理解しかねないことやもしれぬ、そんな気持ちからの前置きなのです。お話を聞いてくださる相手の気持ちや認識を慮っての、ちょっとした思いやり、「相互理解を前提としているんですけど。。。」のご挨拶のような気がしていて、私は結構気に入って、ちょくちょく使わせていただいています(^^)v

認識の違いによって、リアリティ(現実感、あるいは感受される世界観)が変わる事例として、よく使われるのが、「コップに水が半分あります。あなたは、このコップの水を”結構、沢山あるな”と思いますか?あるいは、”あ、これでは、足りないな。少ないな。”と思いますか?という質問があると思います。どちらが良い悪い、ということではなく、ニュートラルな事実をどう思うかによって、その方のリアリティ(現実感、あるいは世界観)が変わる、ということです。

目に見えないことの認識や体験話になると、少々また違ってくるとは思いますが。

私がホワイトクロウの活動を始める決心をしたのは、私自身のリアリティがあってのことなんです。

ミディアムシップという、親しい亡くなった方の霊を呼んでチャネリングをする、ということをアンジーのクラスで習いました。私は3年前に大往生で亡くなった父がいるので、練習で組んだパートナーに、父の霊を呼んでもらおうと思いました。ミディアムシップは、亡くなった方の名前を3回呼んで来てもらうのですが、そのとき、クラスの後ろの方が、「世に生れてこなかった名前のない赤ちゃんを呼ぶときには、どうすればよいのでしょう?」という質問の声があがりました。アンジーは、「baby, baby,babyと呼べばよいのよ。」と答えたのですが、その時、10ヶ月で遺伝子異常のために世に生れなかった息子の勇気(もう、名前をつけて、ちゃんと呼んでいたのです)を呼んで貰う事にしました。亡くなった子に執着してはいけない、亡くなった子の年を数えるようなことをすまい、と思っているうちに、私の中で勇気の記憶は潜在の深いところに押し込めていたように思います。

そして、勇気を呼んで貰った時、「僕はお母さんのおなかの中でとっても幸せだったし、今居るところで幸せだよ。お母さんはもっと幸せになって良いと思うよ。」のメッセージを頂き、嬉しかったと共に、かすかに心のどこかで、「これは、本当に勇気からのメッセージかしら?」と疑いの気持ちが心をかすめました。そのとき、その気持ちは口には出さなかったのに、突然、そのパートナーの方が、「うん?あれ?青と緑のチェックの柄を見せられるんだけど?」とおっしゃいました。「え?青と緑のチェック、、、?」と思ったとたん、妊娠していたとき、お腹を冷やしてはいけないと、いつもお腹に掛けていた青と緑のチェック柄のひざ掛けのことを思い出しました。わざわざ大阪からアンジーのクラスを受講するために東京に来た初対面だったそのパートナーが、私が7年も前に妊娠していたときによく使っていたひざ掛けの柄を知り得るはずがないのですから。そして、そう言われた瞬間に、「あ、これは、本当に勇気からのメッセージなんだ。勇気は今も傍にいて、私を見守ってくれているんだ。」と実感し、吃驚しながらも込み上げるものがあり、私号泣☆パートナーのかたもつられて号泣☆☆

それは、わたしにとってのリアリティ、実感、そして、現実だったのです。

アンジーは、「亡くなった親しい方とコミュニケーションが取れずに、トラウマを抱えていらっしゃる方が沢山いらっしゃるので、もし、あなた達の中でミディアムシップが得意でやっても良いと思う人がいれば、是非、クライアントさんたちのためにやって差し上げてください。」と言ったのです。勇気が来てくれた事、傍に居てくれること、それが私にとってのリアリティであったこと。その体験からホワイトクロウの活動を始める決心をしたのです。

リアリティは人によって違う。そして、他の方には理解・共感し得ない個人的な体験が実在するこを自分は体験させていただいたので、自分に出来ることは出来るだけさせていただきたいな、と思いました。

個人的な体験やリアリティについては、なかなか親しい友人たちにでさえも話せないこともあるかもしれません。特にそれがトラウマの場合には。私が出来る事は少ないかもしれませんが、出来る事はできるだけお手伝いをして、心にひっかかることがある方のひっかかりを解消し、笑顔になられるように☆そんなことがもし出来るのであれば嬉しいと思います☆


スピリチャルカウンセリングサロン ホワイトクロウ
お問合せ white.crow☆yellow-eagle.com
(☆を@に変えてメールをお送りください)

# by whitecrowY | 2007-09-05 01:43  

スピリチャルカウンセリング ☆あなたも守護天使と話してみましょう♪☆

人には誰にも第六感というものが備わっていますし、誰でもがご自身の守護天使や大天使、アセンデッド・マスター達とコミュニケーションを取ることができます。

コミュニケーションが一番取りやすいのは、朝目覚めた瞬間です。そのときに、ご自身の守護天使さんのお名前を聞いてみてください。きっと、思ってもみなかったような名前が浮かんでくると思います。そして、それが、あなたの守護天使さんのお名前です。

心を穏やかにする瞑想に慣れてきたら、守護天使さんの名前を3回呼んで、聞きたいメッセージについて質問をしてみてください。きっと、答えが返ってくると思います。

はじめは、それを自分の想念だと思うかもしれません。自分の想念と守護天使や大天使、アセンデッド・マスターたちからのメッセージとの見分け方があります。

1. True guidance is mature. 母からのメッセージのようにはっきりと、「こうしなさい」といったようなメッセージです。

2. True guidance is consistent. 何度聞いても同じ、一貫性のあるメッセージです。

3. True guidance is helping others. 他者を思いやるメッセージです。

4. True guidance is not procrastinate. ぐずぐずしたり、問題を引き伸ばすようなメッセージではありません。

5. True guidance is strong and powerful. 力強くパワフルです。

6. True guidance is sounding familiar. 親しみ易く、懐かしい感じです。

7. True guidance speaks to you. 2人称で語りかけます。

8. True guidance is like warm hug. 暖かく包みこむようです。

9. True guidance is supportive. 支え、応援してくれます。

10. True guidance is to the point. 明確で的確です。

11. True guidance comes suddenly and perfectly. 突然、完璧にやってきます。

12. True guidance does not make you feel better or worse than others. 誰かよりも優れたり、劣っているといった内容ではない。

暫くの間は、心に浮かぶメッセージが自分のエゴや欲望からなのか、守護天使や神聖な存在たちからのメッセージなのかを注意深く検討することも良いかもしれません。

天使は120%愛の存在なので、何回も同じ質問を繰り返したり、もっとわかるように答えて下さい、と要求しても決して気分を害したりしません。ご自身が納得できるまで聞いてみてもよいでしょう。

万一、天使たちとのコミュニケーションを試みているにも関わらず、恐ろしく不快なメッセージを受け取ってしまったら、それは、別の存在と繋がってしまっているからです。すぐに大天使のミカエルさんを呼んで助けてもらいましょう。紫の炎を思い浮かべ、自分自身を紫の炎で包まれるイメージをし、大天使ミカエルの名前を3回呼んで、不快なメッセージを伝えてくる存在を取り去ってもらいましょう。


スピリチャルカウンセリングサロン ホワイトクロウ
お問合せ white.crow☆yellow-eagle.com
(☆を@に変えてメールをお送りください)

# by whitecrowY | 2007-09-02 23:21  

スピリチャルカウンセリング ☆瞑想のススメ☆

まずは心を穏やかに、リラックスして☆

深い深呼吸をします。

意識を呼吸に集中し、大きく息を吸って、ゆっくりと吐き出す。

そのときに、吸う息と共にクリスタルのように輝く綺麗な空気が自分の体内に入ってくるようにイメージします。吐く息と共に身体の中に溜まっていた淀んだ空気を体外に出すようにイメージします。

感情の波を流し、思考を自由にし、捉われていた感情を解放していきます。

ゆっくりと息を大きく吸い込み、ゆっくりと息を長く吐き出します。

人は誰でも失敗したり、間違ったり、後悔したり、怒ったり、負の感情にしがみついてしまうことがあります。それを悪いとか批判せずに、ただただ、受け止め、抱きしめ、光に当てるようにするとその負の感情がふっと消えていくような感覚になります。

今、ここにいる感覚☆

昨日自分が考えたこと、したことはすでに過去のことです。

今、ここで自分が持っているもの、与えられているものに感謝☆をしてみます。

今、ここで呼吸をしている自分だけを味わい意識します。

しばらく大きな深呼吸をしていると心が落ち着いてくると思います。

ゆっくりと心身ともにリフレッシュした自分を感じたところで、意識を現実に戻し、目を開けてください。

自分のために一日10分でも15分でも時間をとって瞑想してみると随分と心も身体も軽くなっていくと思います。忙しい方は通勤電車の中で目を閉じて瞑想なさってみても良いと思います。

瞑想をしながらどんどんいろんな感情や想念を流れるまま、解放してみてあげてください☆


スピリチャルカウンセリングサロン ホワイトクロウ
お問合せ white.crow☆yellow-eagle.com
(☆を@に変えてメールをお送りください)

# by whitecrowY | 2007-09-02 15:00  

スピリチャルカウンセリング ☆ライトワーカーについて♪☆


ライトワーカーとは、1900年代から地球上に生れ始めた魂たちで、周囲の方々や地球をサポートするお役目のある方々のことです。別名、アースエンジェル、とも言います。ドリーン・バーチュー博士の本には、どんなタイプのアースエンジェルが存在し、どんな方々か、という説明があります。

ちなみに私はワイズワン、というタイプで高僧や魔女だった前世の多いアースエンジェルです。

ライトワーカーには世代別に、1970年代生れ以降のライトワーカーをインディゴ・チュルドレン、1990年代生まれ以降のライトワーカーをクリスタル・チュルドレンといいます。

ライトワーカー達の多くは「怖れ」の問題をかかえており、「もっとやらなくちゃ!」と思いつつご自分をせきたてている方々が多いようです。大天使ミカエルやセント・ジャーメインはライトワーカーたちをサポートしてくださる心強い存在なので、ご自分の中で心配や不安、怖れの気持ちが大きくなってしまっている時には大天使ミカエルやセント・ジャーメインを呼んでサポートしてもらいましょう。ちなみに、大天使やアセンデッディド・マスターたちは、名前を3回呼ぶと必ずあらわれてくれます。エネルギーがとても大きいので、地球上で何万人の方々が同時にサポートをお願いしても大丈夫なんです。120%愛の存在なので、遠慮なくサポートをお願いしましょう☆

インディゴ・チュルドレンは怒りや自分の感情を率直に表現できるライトワーカーです。激しく、頑固で、クリエイティブです。世の中に対して怒りを感じていて、世の中を革新するために地上に来ています。宝石・音楽・詩の才能があり、飽きっぽかったり、落ち着かない、といった性質も持ち合わせています。極端に社交的だったり、極端に内向的だったりするようです。

クリスタル・チュルドレンはまなざしが鋭く、愛情に溢れていて穏やかです。音楽の才能があり、情緒が安定しています。他の人たちに寛容でヒーリング能力を持っています。

早生まれのインディゴもいて、60年代や50年代生れのインディゴもいます。

ライトワーカーかどうか、をもっと手っ取り早く見分ける方法もあります。それは、手相ですが、感情線と頭脳線の間にクロス(十字)の皺があれば、その方はライトワーカーです。その手相を「神秘の十字」と言います。

私も幼い時からなんとなく世の中に対して怒っていて、わりと激しい性格だったので、自分はインディゴかもしれないな、と思ったこともありました。アンジー先生に、聞いてみたら、「You are soooo lightworker!(あなたは、まったくのライトワーカーよ!)」と言われ、ふ~む。なるほど。と納得したものです☆



スピリチャルカウンセリングサロン ホワイトクロウ
お問合せ white.crow☆yellow-eagle.com
(☆を@に変えてメールをお送りください)

# by whitecrowY | 2007-09-01 18:55  

スピリチャルカウンセリング ☆守護天使との出会い☆

もともと精神世界には興味がありました。母がクリスチャンで幼稚園が教会でしたし、中学・高校はキリスト教の学校だったので、毎朝礼拝がありました。そんな環境で、神様とか目に見えない存在についての素養が身に着いたような気がします。

そういえば、幼稚園の年長組さんのときにはクリスマスにイエスキリストの降誕劇をやりましたが、大好きだった初恋の相手(笑)のまさるくんが父ヨセフの役で、恋のライバル(笑)みちこちゃんが聖母マリア役でした。私は二人を祝福する大天使ガブリエルの役でした。二人を背後から祝福しながら、なんとも切なかったことを覚えています。(笑)5歳だったのに、おませさんだったと思います(笑)☆

守護天使さんは、多分、日本的に言うと守護霊さんのようなものだと思いますが、いつも傍にいて見守ってくれている存在なのです。友達に促されて瞑想をしながら名前を聞くとJoseph(ヨセフさん)とMargaret(マーガレットさん)というメッセージだったので、「だったら、ジョー&マギーね♪」と言ったら、どうやらマーガレットさんはご不満だったらしく(笑)マギーではなく、マーガレットさんとお呼びすることにしました☆

守護天使さんの他にガイドの天使さんがいらして、自分が何か仕事をすると決心をしたとき、その仕事をご支援してくれるガイドの天使さんが加勢してくださるそうです。私には、ネイティブ・アメリカン・インディアンのガイドさんがいらして、お名前を伺ったら、「ムーンサンダー」さんということでした。他に大きな熊がついてくださっています。熊はネイティブ・アメリカン・インディアンの文化の中で、動物達が会議をするときの議長さんです。リーダーとしての役割をサポートしてくださっているようです。

他にもアセンデッド・マスターである聖フランチェスコさん、セント・ジャーメインさん、観音さま、そして最近では、聖ヨハネ・ア・デオさん、アイリッシュの女神のコーデリアさんが傍にいて守ってくださっているのを感じます☆

神性な存在達を意識し、繋がっていくように意図するとなんだか身体からエネルギーが湧いてきて心身ともに元気になってきます♪大いなる愛と光で包まれて勇気をいただける気がしています。

人は誰でも神の子の存在として、いつでも求めれば守護天使や大天使、アセンデッド・マスター達と繋がれるのです☆

毎日、心が平安で喜びに満ち溢れ愛を意図して過ごせるということは本当に幸せです♪

☆愛と感謝と祈りをこめて☆

ホワイトクロウ
*Original Purity*

# by whitecrowY | 2007-08-31 18:11