スピリチャルカウンセラー ホワイトクロウのワンネス日記☆エンジェル・ファミリーの集い☆

またまた楽しいエンジェル・ファミリーの集いがありました。

会うたびにみんなの変化が楽しく、心強く、本当に素晴らしいエンジェル・ファミリーに出会えたことに感謝☆します♪

いつもシンクロなど、驚くことが多いのですが、今回はそれぞれが”海外で活動しなさい”とのメッセージを受けていたことに驚かされました。

私は、先日オーストラリアでドリーンのAIのワークショップに参加したときにありがたくも知り合わせていただいたHさんから、”日本はもう大丈夫。あなたがたは、海外に行って愛と光を広めなさい。あなた達にはそれが出来ます。”というメッセージを頂きました。

エンジェル・ファミリーの集いで、その話をしたら、”え~!?やっぱり~!日本はもう大丈夫みたいなのよね~。私も海外に行け、というメッセージを頂いたので、英語の勉強をしているところなの。”と、口々に語られるメッセージに唖然☆ そ、そうなんだ~。と改めて確認。

そして、先日、ワイキキに研修に行った際、アメリカ人たちの抱える悲しみ・怒り・不安などのエネルギーに接触し、「なるほど。確かに。」と腑に落ちました。

アメリカでは、個人主義もあり、多民族国家で互いに”理解できない”ことの前提もあるからか、そして、9・11以来のテロに対する恐怖など、わりとバイオレントなネガティブ・エネルギーが蔓延しているように感じました。

レン博士に教えてもらったように、ネガティブなエネルギーを感じるたびに”I'm sorry. I love you."を繰り返していました。そうしていると、身体が軽く感じてきて力が身体にみなぎる体感がしました。”なるほど。こういう感覚なんだな。”と思い、日本に帰ってからも"I'm sorry. I love you."を続けようと思ったのですが、こちらでは、”I'm sorry”のパートに必然性を感じなかったのです。ただ、"I love you.(私は愛です。愛の創造をします。)”というマントラで広がりを感じることができました。

感謝を感じると共に、喜びと広がりを感じました。

きっと、そのうちに海外に行くことになるかもしれません。それまでは、愛にフォーカスをして、精一杯、愛を体感し体現していきたい、そう強く思いました。

感謝☆
ありがとう、ありがとう、ありがとう☆☆
With lots of love, lights, laughter for ONENESS☆☆☆

☆ホワイトクロウ☆
a0110270_23364957.jpg


今回、エルさんは残念ながら風邪で欠席でした。みんなで愛と光をお送りしたら、すっかり元気になってくださったようで、よかったです☆風邪もデトックスのために必要なときに起こってくれるのですね。感謝☆☆☆

# by whitecrowY | 2007-12-12 23:36  

スピリチャルカウンセラー ホワイトクロウのワンネス日記 ☆喜んでいましょう~♪☆

先日、白い魔女(笑)の集会があり、とっても楽しい一時を過ごしました♪どんな繋がりかをチャネリングしてみると、どうやら、ある時期に聖フランチェスコの修道僧仲間だったようです☆

私はアッシジの聖フランチェスコと随分と深い繋がりにある魂のようです。

聖フランチェスコは清貧で有名な部分がありますが、昨年アッシジの教会で瞑想をしていたら、なんともいえない喜びの暖かいエネルギーに包まれました。聖フランチェスコは苦行をしていたわけではなく、愛と喜びに満ち溢れていたことを知りました。

動物や小鳥達と話のできた聖フランチェスコはまた、良寛さんとの繋がりも深いようです。

偶然にも昨年の夏、新潟の良寛記念館に行きました。子供と遊んだり、踊りの好きだった良寛さんはまたお酒も好きだったようで、とても身近に感じました。(笑)

愛と喜びに満ち溢れることは、自分を愛し、地球を慈しみ、宇宙に貢献することのように思えます。

a0110270_18263074.jpg
大切な友人からニッコニコ(^^)vのイルカさんたちの素敵な写真をお贈りいただきましたので皆様におすそ分けです~♪(^_-)-☆

JOY - 喜んで楽しんで宇宙の創造に参加したいと思います~♪

感謝をこめて☆
ありがとう、ありがとう、ありがとう☆☆
With lots of love, lights and laughter for ONENESS☆☆☆

☆whitecrow☆

# by whitecrowY | 2007-11-24 18:26  

スピリチャルカウンセラー ホワイトクロウのワンネス日記 ☆レン博士の講演☆

昨日は、精神医学博士でホ・オポノポノを実践していらっしゃるレン博士の講演を聞いてきました。レン博士は少しはにかみやの柔らかい物腰の方かな、などと勝手に想像しておりましたが、お会いしたご本人は巨木のような、象のような、しっかりと大地に根を下ろし、揺ぎ無い信念で天に向かって伸びている、そんな印象の方でした。

a0110270_16281588.jpg
レン博士はまず、マインドをゼロにすることの大切さを教えてくれました。そのゼロの状態とは、仏陀の言う『空』であり、シェークスピアの言う『虚無』であり、ゲーテの言う『静けさ』であり、イエス・キリストの言う『純粋無垢さ』です。人生の問題はカオスがあることで発生し、そのカオスを消し去ることで『空・虚無・静けさ・純粋無垢さ』というゼロの状態にマインドを戻し、問題を解決する、消し去る、ということでした。

また、人生の問題に取り組む方法として、2つのアプローチのあることを説明してくれました。

一つは、データ(過去の情報・記憶)に正面から取り組むアプローチ。そのアプローチの例としては、科学、法律、宗教、などがあり、苦しみの道です。

もう一つは、データ(過去の情報・記憶)を消去して、ゼロ地点にするアプローチです。ゼロ地点には、神・宇宙の源と繋がる至福があり、インスピレーションが与えられる、ということでした。

ゼロの状態は全き自由である純粋なマインド、明晰なマインド、純粋なハートの状態です。
ゼロの状態は神聖で判断も分析もありません。
ゼロの状態は誰かと話をしているときに、その方、を見るのではなく、その方の発信するデータ(過去の情報・記憶)を見ます。それは、神・宇宙の源のように見て、聞き、行動することと同じです。

セラピストは精神構造の仕事をしているのではなく、データを消す仕事なのだそうです。
患者さんを完璧な存在であると信頼し、患者さんの症状は、自分(セラピスト)の中にあるデータが患者さんの症状を『症状がある』と認識するので、自分の中にあるそのデータを消し去ることで、患者さんの症状を消し去ることが出来るのだそうです。

自分の中にある患者さんの症状を認識するデータや、自分の中にある現実の問題を引起してしまっているデータを消すことがホ・オポノポノの療法であり、人生の問題解決なのだそうです。

データを消し去るときには、問題・症状に立ち向かい、反撃するのではなく、『ありがとう。愛しています。』という想念を送り、手放すのだそうです。

そして、問題・症状について考えない。問題や症状について、”どうしてなんだろう?””どうすれば良いのだろう?”などと考えない。質問もしない。何故なら、知識・知性は問題に正面から取り組み、コントロールしたり、管理したりしようとするので、問題を消し去ることはできないそうです。

なるほど~☆

知性・知識の無力さを教えてくださりながらも、知性・知識のレベルで話を聞いている聴衆に愛情をもってホ・オポノポノのご説明をしてくださったレン博士に感謝☆します。

顕在意識は10%で潜在意識が90%と良く言われていますが、レン博士は、『もし、一つの考え(データ)が顕在意識に顕れたら、潜在意識下にはその一つの考え(データ)に関する100万ものデータが存在することを教えてくれました。潜在意識が顕在意識の100万倍ものデータを貯蓄しているのなら、顕在意識上の知性や知識が潜在意識に歯が立たないのは当然ですよね~(^^; 知性・知識で感知できることって、本当に限られているのですね。。。

今私たちが抱えている問題を知性や知識のレベルで解決することが、不可能であることを改めて感じました。知性や知識で問題を解決しようとやっきになることが、また、苦しみを生んでいる状況に思いを馳せました。そして、その思いを流し、手放しました。

『私は今ここにいます。私は私の魂の個性を光り輝かせ、宇宙の創造に参加します☆』
このマントラの重要性を改めて痛感いたしました☆

『今ここ』のこの瞬間が創造の瞬間であり、過去・未来に繋がるすべてのデータを消し去ることができる瞬間なのだと思います。実現化して経験したことは、その瞬間から過去のデータになるので、そのデータを手放し、『今ここ』にいる瞬間ごとにリセットをし続けることで宇宙の創造に参加できるのだと思います。

手放し続け、浄化し続け、創造し続ける☆

レン博士も椅子に座っていらっしゃるとき、瞑想をしていらっしゃったように見受けられましたが、きっと、ずっとデータを消し続けていらっしゃったのでしょう。

私もデータを消し続ける癖をつけようと思います~(^^)v

それにしても、レン博士は時々お茶目な表情を覗かせていらっしゃいました。きっと、いつもは冗談好きな軽やかなハートを持っていらっしゃる方なんだろうなぁ~♪と思いました。

お散歩中、いつも木や植物に語りかけ、木や植物のエネルギーを受けていらっしゃるそうです。(木や植物とコミュニケーションをとるときのコード(暗号)は、ICE BLUEだそうです。この暗号についてはもう少し詳しく教えていただきたかったです~☆)知性を働かせることに忙しすぎると木や葉っぱや花からのエネルギーやメッセージを受け取ることができませんよ~♪ともおっしゃっていました~(^^)v

どうか一人でも多くの方々がデータを消し去る習慣を身につけられてゼロ地点に身を置き、純粋意識のマインドでいることで心の平安を取り戻されますように☆

宇宙・地球・人々が癒されて、至福と喜びの創造の美しいダンスが広がっていきますように☆

感謝をこめて☆
愛しています☆☆
With lots of love, lights and laughter for ONENESS☆☆☆

☆ホワイトクロウ☆

# by whitecrowY | 2007-11-24 16:26  

スピリチャルカウンセラー ホワイトクロウのワンネス日記 ☆死生感について☆

生きる意味について書かせていただいた、計らずしもその直後に、友人の大切な友達が自殺をなさり、大変なショックを受けてしまったということで、話をしました。

また、別の大切な友人は、3ヶ月前に突然の事故で奥様を亡くされました。

この2人の大切な友人達は精神世界とは近い関係にない友人達です。

死生感がとても違うので、気遣いながら、大切な身近な方を失った悲しみに耳を傾けながら、話を聞いていました。

ぽつり、ぽつり、と涙の間に語る気持ちを聞きながら、”どうぞこの方の悲しみが少しでも癒されますように”という思いで話を聞きました。

死生感というのは、人によって随分と違うものですし、特に自分のような精神世界に身を置くものにとっての死生感と精神世界とは未だ遠くにいる友人達にとっての死生感には隔たりがあります。

奥様を亡くされた友人には、魂は死後も存在することを話しました。彼はそれで、ほんの、ほんの少しだけ、気が楽になったような表情を見せてくれました。そして、ミディアムシップ(亡くなった愛する方の魂とのチャネリング)を申し出ましたが、まだ、心の準備が出来ない、ということで、ミディアムシップはまた、それが必要な時期がくれば、ということにしました。

大切な友達を亡くしてしまった友人には、『死生感、特に自殺に関しては、それぞれの宗教や慣習からいろいろと違う考え方があるけれど、魂が旅立つことについては、それが病気でも事故でも自殺でも同じようですよ。自殺に関しては、残された家族、傍におられた親しい友人達が深いショックと悲しみ、後悔、罪悪感などで苦しむので、その方々を支えることが大切かもしれません。』といったようなお話をさせていただきました。

全ては宇宙とそのドラマに参加している魂たちの計画のもとに完璧に現実化は起こる。多くの学びと経験を得るために。そう思いますが、それはなかなかに受け入れられないことのほうが多くあるように思います。

愛と光を送ること。見守り続けること。話を聞くこと。必要なときに傍にいてあげること。出来ることは出来るだけさせていただきたいと思います。

経験はそれぞれの魂のプロセスがあり、ジャーニー(旅)であるので、友人の、その方の感情や考えをリスペクト(尊重)させていただきながら、癒しと浄化が起こるように行動をしていくことが大切だと思っています。

そしてまた、この経験は私が引き寄せたものなのでしょう。

生きる意味、死生感。

その窓口から愛と光を学ぶこと。

そして、愛と光を沢山に受けて、溢れさせて、その愛と光で周囲を照らすこと。

自分のミッションを再確認すると同時に、多くの学びを受けていることへの感謝☆と、親しい愛する方を亡くして深い悲しみを抱えている方々を少しでも癒させていただけたら、と思います。

どうぞ癒しが起こりますように。
愛と光がこの地上により多く顕現しますように。

許しと愛と。

# by whitecrowY | 2007-11-16 01:35  

☆スピリチャルカウンセリング 生きる意味☆

人生の目的は、”今、ここ”で”自分の魂の個性を輝かせるため”にあるようです。

そして、人間としてこの地球上で生きる意味というのは、過去の記憶・トラウマ・悲しみ・悔恨・罪悪感・恨みなどを手放し、浄化し、宇宙意識・純粋意識を自分の魂の個性を通して創造することにあるのです。

それはある意味、引き受けた闇を光に変換していく作業です。地上の人間だからこそ出来ることなのです。人間は自己の魂の体験を通して、闇を光に変換することで、宇宙に貢献する存在です。

2012年のアセンションに向けて、より多くの魂が覚醒に向かい転換期を迎えています。それぞれの魂がそれぞれの個性を通して、より多くの体験をしています。過去に蓄積されてきた問題がいきなり噴出して対峙させられている魂、過去に残っていたトラウマを一つひとつ手放し、浄化している魂、覚醒が始まってどんどん進化していっている魂、それぞれの道程をそれぞれの魂が体験している様子を目の当りにしています。

”今、ここ”に生きる、というのは、この瞬間-吸う息と吐く息の間、呼吸の間のこの瞬間ーに意識を集中して体験をすること。この瞬間に実現化していく、この瞬間にどんどん生れていく”過去”をどんどん手放して、まだ実現化する間際の宇宙意識・純粋意識を創造していくこと。

この瞬間に過去の記憶に縛られた意識で闇にしがみついてしまわぬように。

人は一日に6万もの想念を頭に思い浮かべるのだそうです。

そして、その95%が毎日変わらぬ記憶の連続なのだそうです。(チョプラ博士の本より)

記憶に制約されて、限りない創造とリセット~浄化~のチャンスを逃しているのかもしれません。この瞬間、限りない創造と浄化のチャンスを得て、”光”を選ぶのか、あるいは、”闇”を選ぶのか。人間には自由意志が与えられています。

愛と喜びと豊かさと幸せを選ぶのか。

悔恨と恨みと哀しみと罪悪感などを手放さずに闇の選択をするのか。

それぞれの魂の意識的な選択によって、より多くの愛と光が地上に宇宙に顕現するのか、あるいは闇が現われるのか、それが、今この瞬間にもたゆまなく続けられているのです。

自分を許し、愛し、浄化しつづけることで宇宙意識・純粋意識と繋がり愛と光をもたらす存在であり続けたいと思います。

ここまで読んでくださったことに感謝します。

多くの学びをくださった方々・友人・家族に感謝します。
エメラルド・タブレットを書いてくれたトート神に感謝します。
ホワイト・ブラザーフッドに感謝します。
チョプラ博士に感謝します。
ホ・オポノポノのレン博士に感謝します。
素晴らしい学びや気づきを教えてくれた素晴らしい仲間たち、友人達に感謝します。

ありがとう、ありがとう、ありがとう☆
With lots of love and lights for ONENESS☆☆☆

# by whitecrowY | 2007-11-15 16:11